CASES 症例紹介
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

ハムスターの皮膚腫瘍(アポクリン腺腫)

実はハムスターやマウスは腫瘍発生率が高い動物とされています。
ハムスターは特に皮膚に多発し、乳頭腫、アポクリン腺腫/癌、乳頭腫、皮脂腺腫/癌、毛包上皮腫、扁平上皮癌、リンパ腫などが認められます。

腫瘍は、悪影響を及ぼさない良性腫瘍と、周りの臓器への浸潤や転移を起こす悪性腫瘍とに分けられます。
一般的にハムスターは痛みに強いため、外見上は痛がっている様子を見せることがあまりありません。そのため、発見が遅れてしまうケースが多いです。

また、ハムスターは身体が小さく、血液検査や画像検査が制限されるため、転移による他臓器への影響については、詳細な評価が難しいです。そして、細胞診の検査などで悪性・良性の判断を下すのが困難なことも多いです。
症例は1歳5ヶ月のゴールデンハムスターです。
右側の脇下にしこりをみつけ、増大傾向とのことで来院されました。腫瘤のサイズは直径3cmくらいであり、歩きづらそうにしているとのことでした。
細胞診の検査を実施したところ、皮膚上皮系腫瘍の可能性が示唆されましたが、悪性か良性の判断は困難でした。

膿瘍などの感染病変の可能性も考慮し、抗生物質で少し様子をみることにしましたが、2週間後にはさらに増大傾向を示したため、飼い主様と十分に相談の上、手術にて切除をすることになりました。

手術の時の写真です。
切除した腫瘤の写真です。
全身麻酔からも問題なく覚め、元気に退院していきました。


後日返ってきた、病理組織検査では「アポクリン腺腫」という良性腫瘍であり、腫瘍組織も完全に取り切れているとのことでした。



ハムスターの皮膚腫瘍で背側や脇腹の皮膚、皮下で発生すると、腫瘍が増殖しても痛みが少ない可能性があり、発見が遅れてしまうことも多いです。

普段からスキンシップする際には身体を触り、何かおかしいところはないか、そして普段の行動ひとつひとつもしっかり観察してあげることにより、小さなSOSに気づいてあげることが大切です。


執筆担当:獣医師 岩崎