CASES 症例紹介
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。
一般外科症例

前十字靭帯損傷・断裂(整形外科、膝、TPLO、脛骨高平部水平化骨切術)

前十字靭帯の損傷は犬において最も一般的な整形外科疾患の一つです。
前十字靭帯は膝関節内を、大腿骨(太ももの骨)の外側から脛骨(すねの骨)内側へと斜めに走り、
主な機能として、
①脛骨の内旋制動
②脛骨の前方変位制動
③脛骨の過伸展制動
といった、膝関節の過度な動きを抑制する働きがあります。


二足歩行の人と違い、四足歩行の犬の膝は起立時でも完全に伸展しておらず、少し曲がった状態です。
また、犬の脛骨には傾斜があり、この傾斜の角度のことを脛骨高平部角といいます。

犬の膝に体重の負荷がかかると、大腿骨が脛骨を滑り落ちてしまうような力が加わり、この力を抑えているのが前十字靭帯です。
赤直線が脛骨高平部角、青・黄色矢印は大腿骨が滑り落ちてしまう力のベクトル
前十字靭帯損傷の膝。大腿骨が尾側に滑り、脛骨の前方変位が認められる
正常肢。大腿骨と脛骨の位置関係が前十字靭帯損傷時と異なり、しっかり連絡性がある
脛骨高平部水平化骨切術(Tibial Plateau Leveling Osteotomy 以下TPLO)は脛骨近位に半円曲線の骨切りを加え、
近位骨片を回転させて金属インプラントで固定し、脛骨高平部角を減少させることで、大腿骨が後ろに滑り落ちる力を無くし、前十字靭帯機能が消失した膝関節の動的安定化を図ります。
術後、脛骨高平部角がほぼなくなったことが分かります